日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
2022年6月20日更新
01.* CLEAN AGE 270号 * 目次へ 
参照カテゴリ> #正会員 


*会員社の
サステイナブルな
活動より



←前へ  次へ→

クラシエホームプロダクツ株式会社


お話をうかがった方々

お話をうかがった方々:写真左から、 クラシエホールディングス(株) 経営企画室 企画部 課長 大上 夏子さん、クラシエホームプロダクツ(株) ビューティケア研究所 第一研究部 主任研究員 横山 卓未さん、 宣伝・販促部 課長(広報担当)平田 佐久子さん



● 商品で社会に貢献、事業を通じて『夢中になれる明日』をつくる


 クラシエホームプロダクツは、クラシエグループ全社の指針として2018年に定めた「3つの重点領域」において、サステナビリティ活動を加速させてきました。『夢中になれる明日』をつくる取り組みの中から、“容器”と“教室”の事例を紹介します。

Kracie

Q. 『夢中になれる明日』のために大切にしていることは?

 クラシエグループはトイレタリー・コスメティックスや薬品、食品の3つの事業を通じて、お客様の『夢中になれる明日』をつくることを目指しています。クラシエのサステナビリティアクションは、東日本大震災の後、被災地へ知育菓子教室®を届けた際に、商品自体が社会貢献につながると感じたことが大きな契機となりました。
 “ものづくり”のあるべき姿を検討していく中、誰もが笑顔で希望を持てる『夢中になれる明日』の創造に、妨げとなる不安要素を一つひとつ取り除くことが大切と考え、それを具体化した『中期経営計画サステナビリティ目標』を2021年に発表しました❶。

1.3つの重点領域とSDGsへの貢献をふまえて、2030年までの『中期経営計画サステナビリティ目標』を発表
 

Q.ものづくりの特徴と、環境対応の例を教えてください

 クラシエグループの前身企業は紡績を祖業としており、現在グループ会社では漢方薬も扱っていますので、地球から自然の恵みをもらって商品を生産しているという意識はありました。全社共通のサステナビリティ指針が出てからはより具体的に、踏み込んだ議論が活発化したと思います。
 容器の環境対応の採用事例も増えました。「海からの恵み」をテーマに11種類の海藻成分などを配合したヘアケアブランド『海のうるおい藻』の新ボトルには、リサイクルHDPE60%・バイオマスHDPE40%というまだ採用例が少ない素材を積極的に使いました❷。

2.ヘアケアブランド『海のうるおい藻』の環境対応容器の例

 近年は容器の素材やリサイクルのしやすさが注目されますが、容器のバリア機能をはじめ落下強度などの基本性能がまず重要です。そのため新素材は慎重に色々な検証をしてから採用可否を決めています❸。  

3.プラ削減に向け、紙のアイキャッチラベルも適宜採用

Q.『未来が生まれる教室』はどんな想いで企画していますか?

 教室は地域コミュニティーの発展や、子どもたち次世代の育成に貢献するための活動です。商品にまつわる話題を入り口に理化学の魅力を伝えてきました。講師をした『マー&ミー』の開発担当者は、高校時代に水と油を混ぜる役割を持つ界面活性剤に興味を持ち、シャンプーを作りたいと入社した社員です❹。
 また、工場見学に来た小学生が大人になって入社し、工場の技術者として活躍している事例もあります。教室の参加者に将来こんな仕事をしたい! と思ってもらえたら嬉しいですね。

4.『未来が生まれる教室』

●クラシエホームプロダクツ株式会社のホームページはこちら

https://www.kracie.co.jp/

▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2022 All Rights Reserved.