日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
2021年6月22日更新
01.*CLEAN AGE 266号 *目次へ 
参照カテゴリ> #正会員 


*会員社の
サステイナブルな
活動より



←前へ 次へ→

株式会社 資生堂


お話をうかがった方々

お話をうかがった方々: 社会価値創造本部 中村 亜希子さん(写真右)、SHISEIDOグローバルブランドユニット 大山 志保里さん(写真左)



●美の力を通じて、「人々が幸福を実感できる」
サステナブルな世界を目指して


 資生堂は2019年から企業使命を “ビューティーイノベーションでよりよい世界を”とし、成長基盤となるサステナビリティを中心とした経営を推進してきました。2030年に向けたサステナビリティアクション ※1に基づく活動例を紹介します。

株式会社資生堂

Q.サステナビリティアクションを設定した目的は?

 当社は1872年に日本初の民間洋風調剤薬局として始まりました。独自の処方開発と企業文化を活かし、ビューティービジネスを通じて、「人々が幸福を実感できる」サステナブルな世界の実現を目指しています。そこで、2020年にはグローバル向けのサステナビリティレポートを初めて発行、本年より2030年に向けたサステナビリティアクション ※1を設定し、 取り組みを強化しています。


2030年に向けたサステナビリティアクションの柱
 

Q.環境領域は、どのような観点で取り組んでいますか

 サーキュラーエコノミー(循環型経済)の考え方に賛同し、海洋プラスチックゴミ問題や CO2排出量削減に対応するため、環境に配慮した様々な取り組みを行なっています。  

 容器包装に関しては、5Rs(Respect・Reduce・Reuse・Recycle・Replace)のもと、2025年までに100%サステナブルな容器包装 ※2を目指しています。こうした環境への取り組みを広く発信していけるように、世界88の国と地域で展開しているブランドSHISEIDOでは、グローバルサステナビリティプロジェクト『SBAS(サステナブル・ビューティー・アクションズ)』活動を展開してきました。たとえば、海中や土中などで優れた生分解性が期待できる『カネカ生分解性ポリマーGreen Planet™』を化粧品容器では世界で初めてリップパレットへ活用し、2020年11月に発売しました。ほかにも、『アルティミューン美容液を使用済み容器へ詰め替えるサービス』を銀座にあるSHISEIDO GLOBAL FRAGSHIP STOREで展開しています。  

100%サステナブルな容器包装の実現
SHISEIDOが世界へ発信『Sustainable Beauty Actions(SBAS)』の例

Q.『SBAS』活動にはどんな思いを込めているのですか?

「美」は、今のコロナ禍のような困難な時代であっても、人々を勇気づけ、幸せにする力があります。一人ひとりが「多様な美」を心から楽しめるように、人や社会、地球環境を守り、尊重していくという思いを込めました。これからも、製品開発やサステナブルな活動を発展させて「美」の価値を創り出し、人々の幸せに貢献していくことが目標です。

コロナ禍の取り組み例『Hand in Hand Project』


●株式会社 資生堂のホームページ

https://corp.shiseido.com/jp/

▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2021 All Rights Reserved.