日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
2021年9月17日更新
01.*暮らしのクリーンノート 〜よごれを知って きれいな暮らしを〜 *目次へ 
参照カテゴリ> #03.洗濯 #03.CLEAN AGE 267号 

*暮らしのクリーンノート


←前へ  次へ→

暮らしのクリーンノート〜よごれを知って、きれいな暮らしを〜

 

㉕ ディープクレンジングで洗たく上手! <3>じつは奥が深い、くつ下の洗い方


cut衣類の寿命をちぢめる黒ずみや黄ばみなどを防ぐため、“ディープクレンジング(汚れをしっかり落とす)”方法をマスターするシリーズ。3回目は、くつ下を洗うコツを学びます。


★くつ下の汚れはなぜ落ちにくい?

-

 くつ下は、洗たくしても黒ずみやニオイが気になりやすいアイテムです。これは、くつ下の外側と内側(皮膚)の両方からついた汚れが混ざり、足で踏まれて押しつぶされて、落ちにくくなることが一因です。

外側からつく汚れと皮膚からつく汚れ さまざまな汚れが混ざり、がんこになっている…
POINT:しかも汚れは、水にぬれると毛細管現象によって、糸の間や繊維の中に入りこんでしまいます。

★泥汚れは、水でぬらす前のひと工夫で落ちやすく

-
くつ下に泥汚れがついたら水でぬらす前に

cut【1】水でぬらす前に…
 くつ下表面の泥汚れをはたき、できるだけ取り除きましょう。

 洗たく中にほかの洗たく物に泥汚れがうつることも防ぎます。

cut【2】水洗いする前に…
   くつ下の泥汚れ部分に洗たく用の液体洗剤を直接塗ると、洗い落としやすくなります※↓

写真提供:ライオン株式会社 Lidea

 洗たく用洗剤には、さまざまな汚れにアプローチするものや、泥汚れやシミなどの部分洗い専用のものがあります。各洗剤の表示をよく見て、落としたい汚れや目的に合った洗剤を選び、表示にそって正しく使うと効果的です。


★汚れやニオイの気になるくつ下を洗たくするコツ

-

 くつ下を洗たく機に入れるとき、汚れの気になる面を表にすると、しっかりと洗えます。
(A) 泥汚れや黒ずみが気になるなら、グレーの矢印外側からの粒子汚れがついている、
  くつ下の表面を表にして洗います。
(B)いやなニオイが気になるなら、オレンジの矢印皮膚からの皮脂汚れがついている、
  くつ下の裏面を表にして洗います。

POINT:表がいい場合と裏返しがいい場合がある
汚れの状態をチェックしてから、洗たく機へ

cut なお、くつ下の洗い方や手入れの方法は、素材やデザインによってことなります。たとえば、絹や羊毛などのくつ下は、デリケートでまさつに弱いため、洗たくネットの使用や手洗いがおすすめです。くつ下のタグや説明書には、くつ下を長持ちさせるヒントが書かれていますので、注意して見てみましょう。

 

▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2021 All Rights Reserved.