日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
2022年9月21日更新
01.*JSDAの国際活動 *目次へ 
参照カテゴリ> #03.CLEAN AGE 271号

*JSDAの国際活動報告

 

SDGs17JSDAの国際活動

当工業会はSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた国際的なパートナーシップを大切にしています


6th ISDC 2022 (International Convention and Exhibition on Home and Personal Care Products and Ingredients)

[1] ISDC 2022 で基調講演を行ないました


 インドのゴア州で7月10〜12日、インド ホーム&パーソナルケア工業会(IHPCIA)主催の国際会議『第6回 ホームケアおよびパーソナルケア製品および成分に関する国際コンベンションおよび展示会(ISDC 2022)』が開催されました。
 11日に当工業会の長谷部 佳宏 会長(花王株式会社 社長)がビデオ出演、12日にライオン株式会社の掬川 正純 社長(当工業会 副会長)がリモート出演し、基調講演を行ないました。その内容の一部を抜粋し掲載します。

photo

↑ISDCの会場はインド・ゴア州のHotel Alila Diwa。オンラインとのハイブリッド開催でした。


photo


日本石鹸洗剤工業会
長谷部 佳宏 会長
花王株式会社 代表取締役 社長執行役員
基調講演『Toward circular economy』より


photo

 当工業会はサーキュラーエコノミー(循環経済)の実現に向けて、カーボンニュートラルを念頭に、容器包装プラスチックの3R(Reduceリデュース, Reuseリユース, Recycleリサイクル)+Renewableリニューアブルの活動をより高いレベルで推進しています。
 Reduceに関しては、容器や処方の工夫によって洗剤類やシャンプーなどの主要8製品群における容器包装プラスチック使用量を、2020年までに1995年比42%以上削減しました。この削減に「詰め替え用製品」は大きく貢献しましたが、その容器の多くは多層のフィルムから構成されるためにリサイクルが困難とされています。
 日本ではこの課題に対して、競争関係にある企業が“共創”の関係となり、業界団体、自治体および消費者と協働して新たな価値を生み出すRecycleの挑戦を始めました。リニアエコノミー(線型経済)からサーキュラーエコノミーへの移行は、世界共通の課題です。この課題解決には、これまでの活動を継続するだけではなく、新たな循環システムの構築を目指したグローバルでの連携が重要となります。多くの人々と共に行動を起こし、資源循環の促進に向けて協力していきたいと思います。


photo


ライオン株式会社 代表取締役 社長執行役員
掬川 正純
日本石鹸洗剤工業会 副会長
基調講演『Product Innovation Leading Lifestyle Re-Design/Encouraging habits that sustain society』より


photo

 コロナ禍による生活様式や価値観の変化によって、トイレタリー産業への期待は一層高まっており、人々のQOL向上と、サステナブルな社会の実現という課題に向けた取り組みを、着実に推進することが大切です。
 これらの課題を解決するうえでは、製品を通じて生活スタイルをRe-Designし、生活の質や環境対応の向上につながる「良い習慣作り」を進めることが鍵となります。
 日本では洗濯において低温洗浄、自然乾燥、洗剤の計量、詰め替え容器の利用などの「良い習慣」が根付いています。この背景には、トイレタリー業界が革新的な洗剤の開発を通じて、消費者と共に新たな洗濯習慣を築いてきた歴史があります。
 また、CO2排出量の問題やプラスチックごみ問題などの重要課題の解決には、流通業界や消費者との協力が重要です。製品を通じて環境意識を高め、「“無理なくできる”良い習慣」の提案によって、より環境に配慮した生活習慣へとアップグレードを図っていくことが大切だと考えています。



International Networking of Cleaning Product Associations (INCPA)

[2] 国際工業会会議をリモート開催


 当工業会は世界的な課題の解決に向けて米国、欧州、豪州、ブラジル、インドなどの世界各国の工業会とともに国際工業会(INCPA)を組織し、加盟国による会議を開催して国際的な連携を図っています。
 6月23日に国際工業会会議をリモートで開催し、各国の洗浄剤に関する技術、規制、安全対策などについて最新情報を共有しました。当工業会は今年4月に施行された「プラスチック資源循環法」と、プラスチック使用製品の設計指針や認定制度などの動向も報告しました。

photo

↑今回は欧州石鹸洗剤工業連合会(A.I.S.E.)の主催でした。
 写真右:当工業会の西條 宏之専務理事。


▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2022 All Rights Reserved.