日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
2021年5月21日更新

←戻る

概 要

日本石鹸洗剤工業会とは次のような団体です。

●石鹸や洗剤などのメーカーと、それらの原料となる油脂製品のメーカーで構成される業界団体(生産者団体)です。

●会員は、脂肪酸、グリセリン、硬化油等の油脂製品、各種石鹸、洗剤、シャンプー、リンス等のトイレタリー商品の主要生産者で構成されています。

●油脂化学工業、石鹸・洗剤工業ならびに関連品工業等の健全な発展に資するため、必要な事項について業界の公正な意見をとりまとめ、協調の実をあげることが活動の目的です。

●扱う製品は、広く一般家庭でも事業場でも、毎日の暮らしや生活に欠かすことのできないものです。国民生活の清潔で健康的な生活向上に寄与していきます。

●歴史は、その源泉を遡れば、1926年の硬化油共販組合の設立に始まります。その長い経緯を踏まえ、会員相互の協力による業界発展と社会的・国際的使命を達成することをめざします。

令和3年度
活動の
基本方針


 当工業会は、石鹸、洗剤を中心とする日用品、および産業用原料や日用品の原料となる脂肪酸、グリセリン等の生活者の身近な製品を取り扱うメーカーを構成員とし、業界の健全な発展に寄与するために、共通課題の解決をはかる活動を続けています。

 昨年は、1月末より、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大でパンデミックとなりました。このような状況下、当工業会の会員社は、生活必需物資である洗浄剤やその原料を供給する業界として、感染対策に細心の注意を払って事業を継続し、需要の高まった洗浄製品などの安定供給に努めながら、リモートワークなどを活用して、業界の共通課題を解決する活動を維持してきました。

 除菌機能を持つ洗浄製品の需要の増加に対応すると共に、啓発活動も活発に行いました。児童の手洗い啓発活動の「手洗いポスターコンクール」の応募数、養護の先生方と共同開発した手洗い教育プログラムのダウンロード数、石鹸のエピソードを詠んだ川柳の募集などが、大幅に増加しました。当工業会の洗浄製品の役割や衛生への啓発が、人々の快適で健康な暮らしの根幹に位置付けられることを再認識した年でありました。

 一方、循環型社会形成への対策は、常に、継続的に対応しなければなりません。例えば、プラスチック問題については、90年代より濃縮洗剤や詰め替え容器を積極的に導入して、容器包装プラスチックの削減に取り組んで参りました。今後も、循環型社会形成に向けて、自主削減計画やリサイクル・CO2削減への取り組みなど、「持続可能な開発目標(SDGs)」に代表されるサステナビリティ活動を引き続き推進します。

 現在、世界は経済を中心に、かつてないほど密接につながっており、1つの問題が地球全体に影響を与えるために、SDGsの目標達成は、日本一国で達成できるものではなく、世界的なパートナーシップが欠かせないものです。パンデミック対策、プラスチック問題、資源問題などSDGsに関する課題には、地域や業界を超えた取り組みが必要です。行政関連機関・関連団体・学会の皆様、そして、海外工業会など、国内外のステークホルダーの方々と密な情報交流を行い、今後もパートナーシップを通じて業界の発展に努めます。
 そして、当工業会の会員社が進めてきた、イノベーションもSDGsの目標達成には重要です。

 このような認識のもと、令和3年度の当工業会の活動基本方針は、次のとおりとしたいと存じます。
  1. サステナビリティへの取り組みを継続・強化する
  2. 広報・啓発活動を強化・充実する
  3. 行政機関、国内団体、および海外の関連団体との協力関係を発展させ、諸課題に対応する
  4. 公正な自由競争を基本とし、活力と創造性に富んだ業界活動により、イノベーションを支援する





▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2023 All Rights Reserved.