日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
2015年3月16日更新
01.*CLEAN AGE 241号 *目次へ 
参照カテゴリ> #01.部会委員会#03.CLEAN AGE 241号 

*JSDA部会・委員会の活動


 

タイ・マレーシアにおける油脂産業の動向調査
〜油脂製品部会・第9回 海外調査団の報告〜


 日本石鹸洗剤工業会の油脂製品部会では、オレオケミカル産業の動向調査と若手の育成を目的として、2年ごとに会員社からメンバーを募り、海外調査団を結成しています。第9回は坪井輝道団長(阪本薬品工業株式会社)をはじめ計8人が、2014年10月中旬の7日間、タイとマレーシアを訪れました。

 パーム油の主要生産国は、大規模プランテーション中心のインドネシア、マレーシアで、その次がタイです。世界の総生産量は近年、年率5%のペースで増加しており、2014年は約6千万トンに達する見込みです。そのうち、マレーシアの生産量は約2千万トン、タイは約230万トンとそれぞれ見込まれています。また、総生産量の80%が食用需要、20%が工業用で、新たにバイオディーゼル燃料(BDF)向けの生産も増えています。

 パーム油はさまざまな製品に使用されており、人々の生活と密接に関係しています。そのため、国際的な非営利組織「持続可能なパーム油に関する円卓会議(RSPO)」により、環境に配慮した認証油の生産・利用の拡大も推進されてきました。

 今回は、2010年訪問時からの変化や、RSPO制度の稼働状況、BDF関連の調査に重点を置きました。マレーシアではオレオケミカルメーカーの新増設により競争が激化するなか、大手企業が製品展開や販路拡大に努め、農園の収率改善やRSPO対応をすすめている現状を把握しました。タイではBDF由来のグリセリンの活用法であるグリセリン法ECHの調査もできました。

<訪問先>マレーシア:Lion Eco Chemicals、MPOB(マレーシアパーム油庁)、Sime Darby、Emery Oleochemicals/タイ:Thai Fatty Alcohols、VINYTHAI、Patum Vegetable oil、Kao Industrial
photo

※詳しい報告をこちらのページに掲載しています



▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2015 All Rights Reserved.