日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
2004年6月15日更新
01.*石けん洗剤の基礎 *目次へ 
参照カテゴリ> #03.化学,身体 #06.CLEAN AGE 198号 

せっけんメモシート

*1.「せっけん」と一口にいうけれど…
*2.「石鹸」の製造と需要
*3.石けんは何でできているか?
*4.石けんはこうしてつくられる
*5.石けんと「ナトリウム」「カリウム」
*6.石けんにもいろいろある種類と分類
*7.化粧石鹸と薬用石鹸 また種類と分類
*8.危険で環境にもよくない“手づくり石鹸”
*9.“手づくり石鹸” では法律違反にも注意
*10.“手づくり石鹸” 問題のまとめ

せっけんメモシート(4)
石けんはこうしてつくられる…
脂肪酸の種類と性質
 石けんをつくるには、原料である油脂から取り出した脂肪酸の性質をうまく組み合わせ、使い分けています。
 脂肪酸は、それぞれもっている炭素の数(C数字)によって、性質が異なりますが、炭素数が10以下では洗浄力が弱く、20以上になると水に溶けにくいので、石けんに適したものは限られます。
 実際に石けんに使われている脂肪酸とその性質を表にまとめてみるとつぎのようになります。

 それぞれ異なる脂肪酸の性質を活かして

石けんの製造法は
 油脂を直径4〜5mもある大きな釜で炊くことによって、直接油脂とアルカリを反応させ(鹸化)て石けん・グリセリンを得る「けん化法」。これは昔ながらの職人のカンが重視される製造法です。
 現在では、主に油脂を高温で加水分解して、まず脂肪酸をつくり、これにアルカリを加えて中和させる「中和法」と、油脂にメチルアルコールを反応させ、エステル交換によって脂肪酸メチルエステルをつくり、これをアルカリで鹸化する「エステルけん化法」があります。

 連続中和法による場合の化粧石けんの製造工程

←前へ 次へ→


▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2010 All Rights Reserved.