日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
2016年6月15日更新
01.*暮らしのクリーンノート 〜よごれを知って きれいな暮らしを〜 *目次へ 
参照カテゴリ> #03.洗濯 #03.CLEAN AGE 246号 

*暮らしのクリーンノート


←前へ 次へ→

暮らしのクリーンノート〜よごれを知って、きれいな暮らしを〜

 

⑦ 衣類のお手入れ基礎知識
〜1.繊維の話


cut衣類を上手にお手入れするための基礎知識を、3回に分けて紹介します。1回目は、これだけは知っておきたい、代表的な繊維とその性質についてです。

★衣類に使われている繊維のことを知っておこう!

-

cut 衣類の素材となる繊維には様々な種類があります。それぞれの成分や形状・構造の違いにより、独特の風合いや性質を持っています。身近な衣類には、どんな繊維が使われているでしょうか?


-
◆天然繊維

 植物や動物から採取した繊維。一般に繊維の長さは短めですが、カイコの繭からとる絹は非常に長い繊維で、化学繊維の発明につながりました。

綿・麻 など <植物繊維>
綿花や亜麻などを原料とする繊維で、主成分はセルロースです。吸湿性・吸水性が高い親水性繊維です。

◎強度があり、アルカリに強いため、弱アルカリ性の洗濯用洗剤を使って洗濯機で洗うことができます。
◎白物衣類には塩素系漂白剤も使えます。
◎耐熱性があるのでアイロンは比較的高温でかけられます。

綿の繊維:水にぬれても強く、汗を吸うので、肌着によく使われます


毛・絹 など<動物繊維>

羊の毛やカイコの繭を原料とする繊維で主成分はタンパク質です。吸湿性・吸水性・保温性が高い親水性繊維です。

◎タンパク質はアルカリに弱いため、中性の洗濯用洗剤で洗います。
◎羊毛は水にぬれると、表面のウロコ状の部分が開いて、繊維同士がからまりやすくなります。絹は摩擦によって毛羽立つことがあり、光沢が損なわれやすいです。そのため、家で洗濯するときは、手洗いなどでやさしく洗います。
◎白物衣類でも塩素系漂白剤は使えません。
◎紫外線で黄変するので、陰干しをします。
◎高温で変質するのでアイロンは中温でかけます。
◎虫に食われやすいです。

絹の繊維:表面が滑らかで、三角形の形が光を乱反射するため、美しい光沢があります羊毛の繊維:表面がウロコ状で、かさが出やすく保温性に優れます。(!) 羊毛はぬれると繊維がからまりやすい水にぬれるとウロコ部分が開く→からまりやすくなる→やさしく洗わないと縮むことも

-
◆化学繊維

 植物や動物から採取した繊維。一般に繊維の長さは短めですが、カイコの繭からとる絹は非常に長い繊維で、化学繊維の発明につながりました。

合成繊維の断面の例

ナイロン・ポリエステル・アクリル・ポリウレタン など<合成繊維>
石油などを原料にしています。水を吸わない疎水性繊維ですが、乾きやすく強度があります。熱で成型しやすいのも特徴です。

◎強度があり、アルカリに強いため、弱アルカリ性の洗濯用洗剤を使って洗濯機で洗うことができます。
◎塩素系漂白剤は繊維によって使えない場合があります(ナイロン、ポリウレタンなど)。
◎耐光性があります。繊維によっては黄ばむ場合があります(ナイロン、ポリウレタンなど)。
◎高温で変形したり溶けたりするので、アイロンは低温〜中温でかけます。

合成繊維は丈夫なので、スポーツウェアや靴下によく使われます

レーヨン・キュプラ など<再生繊維>
木材パルプや、綿の種の周りの繊維から得た繊維素(セルロース)を原料にしています。薬品で溶かしてから再び繊維状にするため、再生繊維と呼ばれます。吸湿性・吸水性が高い親水性繊維です。

◎水にぬれると弱くなり縮みやすいので、水洗いできない場合があります。水洗いできる場合でも、手洗いなどでやさしく洗います。

レーヨンやキュプラは吸湿性や滑りがよく、静電気が起きにくいので裏地によく使われます。アセテートは婦人服によく使われます。合成繊維と同様に熱で成型できます。

アセテート・プロミックス など<半合成繊維>
セルロースやタンパク質などに化学薬品を作用させたものを原料にしています。天然繊維と合成繊維の性質をあわせ持つため、半合成繊維と呼ばれます。適度な吸湿性があります。

◎アセテートは製造過程でアセトンが使われるため、アセトンを含むマニュキュアの除光液がつくと、溶けることがあります。

-

POINT!繊維から衣類ができ上がるまでには、糸に紡ぐ、織る、染める、縫うなど、たくさんの工程があります。丈夫な繊維を使っていても、色や形を長く保つためにやさしく洗うことをすすめる場合もあります。繊維の基本的な性質を参考にしながら、必ず取り扱い表示を確認してお手入れしましょう。
-

▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2016 All Rights Reserved.