日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
役立つ情報
2003年6月16日更新
01.*お掃除119番(失敗事例 その原因と防止策) *目次へ 
参照カテゴリ> #03.住居 

■風呂場・トイレ

*[錆]ステンレス浴槽のもらい錆
*[腐食]タイル化粧目地の酸による損傷
*[腐食]鏡の銀鏡面の腐食
*[キズ]FRPの浴槽の光沢の消失
*[変色]浴室タイル壁の変色
*[変色]浴室タイル目地が青緑色に着色
*[変色] 塩化ビニル製浴槽ふた内側が黒褐色に変色
*[変色] 浴室タイル壁が茶色に変色
*[析出・付着]洗い桶に付着した白色不溶物
*[析出・付着]浴槽エプロン部分に固着した水垢汚れ
*[析出・付着]浴槽濃色エプロン部表面の白化
*[破損]直射日光によるラテックスの劣化
*[破損]浴室タイル壁にヒビが発生
*[その他]塩素系漂白剤の混合使用による塩素ガス発生

■キッチン
■部屋

 

[析出・付着] 洗い桶に付着した白色不溶物

対象

食器用洗い桶

材質 ポリプロピレン

状態

表面に白色不溶物が付着した

原因

汚れの残っている洗い桶で酸素系漂白剤の使用を繰り返したため

回復 食酢等の酸性の液で溶かす

カルシウム、マグネシウム等の硬度成分が多く含まれている水に、過炭酸ナトリウムを主剤とする酸素系漂白剤を溶かすと、過炭酸ナトリウムと硬度成分が反応し、炭酸カルシウム等の水に不溶な白色沈殿物が形成されます。
日常の洗浄が充分でなく、表面に汚れが残っている場合には、汚れに沈殿物が付着しやすくなります。また、表面に傷がついている場合も、不溶物がつき易く取れにくくなります。汚れが付着したままの洗い桶や食器等に、酸素系漂白剤を繰り返し使用すると、容器表面に、炭酸カルシウム等や有機物汚れが累積し、通常の洗浄では落ちにくくなります。

防止策

食器類は、まず台所用洗剤で洗浄し、油脂・デンプン・たんぱく質等の汚れを除き、その後酸素系漂白剤を使用します。漂白剤使用後は充分すすいでください。沈殿物が累積し、取れにくくなった場合は、食酢等の酸性の液で溶かします。


←前へ 次へ→



▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2010 All Rights Reserved.