日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
役立つ情報
2003年3月15日更新
01.*お掃除119番(失敗事例 その原因と防止策) *目次へ 
参照カテゴリ> #03.住居 

■風呂場・トイレ

*[錆]ステンレス浴槽のもらい錆
*[腐食]タイル化粧目地の酸による損傷
*[腐食]鏡の銀鏡面の腐食
*[キズ]FRPの浴槽の光沢の消失
*[変色]浴室タイル壁の変色
*[変色]浴室タイル目地が青緑色に着色
*[変色] 塩化ビニル製浴槽ふた内側が黒褐色に変色
*[変色] 浴室タイル壁が茶色に変色
*[析出・付着]洗い桶に付着した白色不溶物
*[析出・付着]浴槽エプロン部分に固着した水垢汚れ
*[析出・付着]浴槽濃色エプロン部表面の白化
*[破損]直射日光によるラテックスの劣化
*[破損]浴室タイル壁にヒビが発生
*[その他]塩素系漂白剤の混合使用による塩素ガス発生

■キッチン
■部屋

 

[変色] 浴室タイル壁の変色

対象

浴室のアイボリー色半光沢タイル壁

状態

タイルが茶色に変色した

原因

浴室等の水を使用する用途に不向きな素材であった

回復 回復はできません

タイルは高温で焼き上げるため、化学的に極めて安定しており、洗剤類やカビ取り剤の使用で変退色することはほとんどありません。
しかし、釉薬(うわぐすり)が充分にかかっていない半光沢タイルの中には、ごく一部(ほとんどが輸入品)ですが、風呂用洗剤とカビ取り剤の併用で変色するものがあります。
浴室など水を使用する場所に使うタイルは、焼物の表面に釉薬をかけ、装飾と同時に、水分の浸入による変退色を防止しています。半光沢タイルは光沢を意図的におさえるため釉薬の量も少なく、色調の関係から焼成温度を低くしている場合があり、表面のガラス質が弱いものがあります。
弱酸性の風呂用洗剤で徐々に表面が痛み、釉薬の下の色素の中の金属成分と、カビ取り剤の主成分・次亜塩素酸ナトリウムと反応して変色を起してしまいます。

防止策

浴室のタイルは石けんカスや水アカ等の汚れがつき易く、高温多湿の関係から、カビも発生し易いため、風呂用洗剤やカビ取り剤の使用は欠かせません。したがってタイルの選択の場合は、色調やデザインだけでなく、使用する場所に適したものかどうかを注意することも大切です。
トイレも酸性やアルカリ性の洗浄剤の使用が考えられますので同様の注意が必要です。


←前へ 次へ→



▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2010 All Rights Reserved.