日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
役立つ情報
2002年12月15日更新
01.*お掃除119番(失敗事例 その原因と防止策) *目次へ 
参照カテゴリ> #03.台所 

■キッチン

*[錆]塩素系漂白剤によるホーロー鍋の錆
*[錆]塩素系漂白剤によるステンレスの錆
*[錆]ステンレス流し台のもらい錆
*[錆]水道蛇口の光沢消失と錆
*[腐食]大理石の腐食
*[キズ]金で縁取った皿の金線の消失
*[変色]塩素系漂白剤によるメラミン樹脂食器の黄変
*[析出・付着]塩素系漂白剤によるガラスコップの白化
*[汚れ]集合住宅・台所用共用立て管の詰まり
*[その他]台所用洗剤の変質
*[その他]塩素系漂白剤で水が黒ずむ

■風呂・トイレ
■部屋

 

[キズ] 金で縁取った皿の金線の消失

対象

金線縁取りの皿

状態

金線が消失

原因

ナイロンタワシとクレンザーの使用により摩耗、消失した

回復 消失したものは回復できません

洋皿やカップには金線の縁取りを施したものがあります。この金線は純金を王水(濃硝酸と濃硫酸の混合液)でコロイド状にした「水金」で描いてあります。絵付けの方法は、陶器を約1300℃前後の温度で焼き上げた後、水金で上絵付けをします。その後、上絵を定着させるためにもう一度焼きますが、この時の温度が800℃という比較的低い温度のために、上絵は取れ易く、品質の悪いものは新聞紙で数回擦ると取れてしまうものもあります。従ってナイロンタワシにクレンザーなどをつけて洗ったりすると、折角の金線の縁取りが薄くなったり、消失してしまうトラブルが生じます。

防止策

皿には、通常ナイロンタワシとクレンザーを使用しないと落ちないようなひどい汚れはあまりありません。台所用洗剤とスポンジ等柔らかなものを使用して洗えば充分です。
高価な食器の場合も、金線の成分は同じで、ただ金の濃度が高いため、被膜が厚いだけです。繰り返し強く洗うと、安価なものと同様に剥げてきますので、取り扱いには充分注意してください。


←前へ 次へ→



▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2010 All Rights Reserved.