日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
役立つ情報
2002年9月17日更新
01.*お掃除119番(失敗事例 その原因と防止策) *目次へ 
参照カテゴリ> #03.住居 

■風呂場・トイレ

*[錆]ステンレス浴槽のもらい錆
*[腐食]タイル化粧目地の酸による損傷
*[腐食]鏡の銀鏡面の腐食
*[キズ]FRPの浴槽の光沢の消失
*[変色]浴室タイル壁の変色
*[変色]浴室タイル目地が青緑色に着色
*[変色] 塩化ビニル製浴槽ふた内側が黒褐色に変色
*[変色] 浴室タイル壁が茶色に変色
*[析出・付着]洗い桶に付着した白色不溶物
*[析出・付着]浴槽エプロン部分に固着した水垢汚れ
*[析出・付着]浴槽濃色エプロン部表面の白化
*[破損]直射日光によるラテックスの劣化
*[破損]浴室タイル壁にヒビが発生
*[その他]塩素系漂白剤の混合使用による塩素ガス発生

■キッチン
■部屋


[錆] ステンレス浴槽のもらい錆

器具

ステンレス浴槽

状態

浴槽に錆が発生している

原因

貯水タンクや水道管からの鉄分の流出によるもの

回復 スポンジに粒子の細かいクレンザーをつけ、こすり落とす

鉄とクロム・ニッケルが主体の合金であるステンレス鋼は、その表面にある10
〜30Å(オングストローム)の厚さの酸化皮膜によって錆にくくなっています。この酸化皮膜は表面の傷などによって破壊されても、後からわずかに溶け出したクロムイオンによって、またすぐに修復されて、常に美しい光沢を保っています。しかし、使用環境がこの酸化皮膜を保持できないような悪条件下では、ステンレスも錆びはじめます。
ステンレス浴槽の場合、ほとんどが鉄分の付着による「もらい錆」です。貯水槽からの鉄分の流出や、井戸水中に含まれる鉄分等によって、浴槽の底や浴槽内側全面に錆が発生することがあります。もらい錆は、早期に落とせば酸化皮膜が再生されますが、これを放置すると、水道水中の塩素イオンの影響も受けて、ステンレスに穴をあけ(孔食)そこから腐食が進行することもあります。

防止策

「もらい錆」の原因を取り除くことが必要ですが、鉄錆が多い時には水道の蛇口にフィルターまたはガーゼを取り付けて鉄分を除去してください。鉄分は泥等と同様に不溶性の固体ですので、効果的な方法です。
ステンレス浴槽は、日常の手入れが大切ですが、もらい錆が発生した場合には、早期にスポンジに粒子の細かいクレンザー等をつけ、鋳をこすり落としてください。


次へ→



▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2010 All Rights Reserved.