日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
役立つ情報
2002年9月17日更新
01.*お掃除119番(失敗事例 その原因と防止策) *目次へ 
参照カテゴリ> #03.台所 

■キッチン

*[錆]塩素系漂白剤によるホーロー鍋の錆
*[錆]塩素系漂白剤によるステンレスの錆
*[錆]ステンレス流し台のもらい錆
*[錆]水道蛇口の光沢消失と錆
*[腐食]大理石の腐食
*[キズ]金で縁取った皿の金線の消失
*[変色]塩素系漂白剤によるメラミン樹脂食器の黄変
*[析出・付着]塩素系漂白剤によるガラスコップの白化
*[汚れ]集合住宅・台所用共用立て管の詰まり
*[その他]台所用洗剤の変質
*[その他]塩素系漂白剤で水が黒ずむ

■風呂・トイレ
■部屋

 

[さび] 塩素系漂白剤によるステンレスの錆

器具

ボール

材質

18クロム系ステンレス

状態

点々と錆発生

原因

塩素系漂白剤を使用したため

回復 (1)できるだけ目の細かなクレンザーでこすり取る。
(2)還元剤(ハイドロサルファイト、シュウ酸※)にて処理
※シュウ酸は薬局で購入の際、印鑑が必要です

一般にステンレスは、他の金属に比べると耐蝕性に優れており、鋳びにくい金属です。ステンレス鋼には、いくつかの種類がありますが、鉄にクロムを加えた合金がベースになっており、これにニッケルやモリブデンなどを加えて、用途に合った特性を持たせています。基本的な錆防止の働きは、鉄の表面に緻密な酸化皮膜が形成され保護の役目をはたしているためです。この皮膜は、表面を研磨しても自然に再生されます。しかし、欠点として塩素イオンに弱い性質があり、食塩やしょうゆなどの汚れ、塩素系漂白剤などの洗浄剤を付着させたままにしておくと、酸化が促進され錆を発生します。

防止策

金属には、塩素系漂白剤は使えません。もし、使用した場合は、すぐに水で洗い流してください。軽い汚れのうちに、手入れをすることが大切です。台所用洗剤洗いの後、水洗いをし乾いた布で拭いておきます。

※流しの壁面などに錆が生じ、還元剤の溶液につけることができない場合は、還元剤に少量の湯を加え、ペースト状にしたものをその箇所に塗ってください。



参考:代表的なステンレス
SUS304(18-8系)オーステナイト系
約18%のクロムに約8%のニッケル含有ステンレス。耐蝕、耐酸性にきわめて優れている。
SUS316(18-8系)オーステナイト系
約18%のクロムに約12%のニッケルと約2%のモリブデンを含有。耐蝕、耐酸性にきわめて優れている。
SUS430(18クロム系)フェライト系
約18%のクロム含有。SUS304、S316、
SUS410(13クロム系)マルテンサイト系
約13%のクロム含有。大気中で錆を生じることがある。
SUSとは;ステンレス鋼の種類を示す記号でSteel special Use Stainlessの略

←前へ 次へ→


▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2011 All Rights Reserved.