日本石鹸洗剤工業会(JSDA)
home JSDA概要 沿革 組織・会員 統計 資料・刊行物 リンク 総目次 English
JSDAの活動 安全と環境 石けん洗剤知識 役立つ情報 クリーンキャンペーン CLEAN AGE
2015年9月15日更新
*部会・常設委員会紹介 *目次へ 
参照カテゴリ> #03.委員会 #02.CLEAN AGE 243号 

油脂製品部会
石鹸部会
 
薬事対策専門委員会
洗浄剤部会
 
洗たく科学専門委員会

法務・労働委員会
資材委員会
環境委員会
 
環境・安全専門委員会
 容器・廃棄物専門委員会
広報委員会
 
編集専門委員会
 
コミュニケーション推進専門委員会
技術委員会
 
油脂製品技術専門委員会
 石鹸技術専門委員会
 洗浄剤技術専門委員会
 
知的財産専門委員会
商流委員会
統計・情報委員会
国際委員会


広報委員会


国民の清潔や衛生上欠かせない生活必需品である石鹸類や合成洗剤などについて、消費者行政をはじめとする官公庁や、消費者団体、各種メディアなどとのコミュニケーション推進活動を行っています。
洗浄剤についての正しい知識の普及や、各種の情報提供に努めるため、ホームページや広報紙「クリーンエイジ」を発行しています。また、数多くの出版物を各方面に提供するとともに、行政や消費者団体に対して講演会を開催するなど幅広い活動をしています。
さらに、社会全体の清潔向上に寄与することを目的として、“きれいな日本。きれいな心。”をキャッチフレーズに「クリーンキャンペーン」と名づけた社会貢献活動を実施しています。


生活者の視点に立ち、細やかでタイムリーな情報発信を

広報委員会の活動

日本石鹸洗剤工業会 広報委員会 委員長
伊 藤 征 慶

2015年CLEAN AGE243号に掲載

過去の活動についてはこちら→


photo  石鹸・洗剤といった生活必需品と、その原料の油脂製品の生産者団体として、幅広い関係先とのコミュニケーション推進活動と、社会貢献活動を展開しています。近年の活動について、伊藤 征慶 委員長(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 ヘッド・オブ・コミュニケーション)にうかがいました。

-

■広報委員会の基本的な使命と活動体制

当工業会の活動は、3つの部会と各常設委員会、専門委員会によって支えられています。当工業会の基本方針にもとづき、安全・安心な製品を生活者へ提供する取り組みをはじめ、製品における環境配慮、子供たちへの手洗い啓発など、多岐にわたり展開されています。こうした活動や蓄積してきた知見を積極的に発信し、業界製品に関するあらゆる啓発を行なうことが、広報委員会の役割です。
 広報委員会は現在11社で構成され、年3回の定例会議で情報を集約して一元化し、課題や重点テーマを明確にすることで、タイムリーな活動を実現できる体制を整えています。そして当委員会に属するコミュニケーション推進専門委員会が行政や各種団体、教育現場などとの直接的な対話を、同じく編集専門委員会が季刊広報紙「クリーンエイジ」およびホームページを通じた情報発信を、それぞれ分担してすすめています。

 
-

■洗剤の安全性はたゆみなく伝えていく

 当工業会がたゆみなく伝えていくべき重点テーマに、洗剤の安全性があります。合成洗剤が誕生して60有余年、業界は諸課題をいち早い対応と技術革新で解決し、今ではより環境に配慮した少ない量で使える洗剤が一般的になりました。環境委員会と環境・安全専門委員会が、国内河川で界面活性剤濃度をモニタリング調査するなどの科学的な方法で、製品の安全性の確度を高める努力もしっかりと続けています。近年は、培ってきた技術や知見を海外へ発信し役立ててもらう国際活動もすすめていますので、こうした変遷や科学的な根拠を示しながら、洗剤の安全性をわかりやすく伝えることが大切だと考えています。



■次世代を担う子供たちへの啓発に注力

 近年、もうひとつの重点テーマとして注力してきたのが、次世代を担う子供たちへの啓発です。「手を洗おう、きれいな手! ポスターコンクール」は、園児や小学生を対象に、ポスター原画の公募を通じて手洗い習慣の大切さを知ってもらおうと、1987年から続くクリーンキャンペーンの一環として2009年から始めました。毎回多数の応募があり、WEBサイト上で行なう一般投票も審査に加えることで、ほかの世代にも手洗いの輪を広げています。また、コミュニケーション推進専門委員会が応募校で手洗い教室を開いたり、子供たちを指導する学校の先生や大人を対象にした各種の講座も、会員社の協力を得ながら実施しています。


-

■常に伝わりやすさを大切に

各方面でご活用いただける資料として、「暮らしの中の石けん・洗剤」の改訂や広報紙などの発行も行なっています。「クリーンエイジ」およびホームページに掲載した記事を、教育現場や各種団体で活用していただいています。「クリーンエイジ」読者アンケートの結果では、「お洗たくの科学」の連載記事が特に好評だったのですが、主に教育現場から「図などを使った、説明に使いやすいものも欲しい」というご意見もいただきました。そこで編集専門委員会では、中学校家庭科の授業にも使える「暮らしのクリーンノート」を新連載することにしました。身近な汚れや洗剤について知っていただく新たな機会になれば幸いです。

 
-

■広報活動の傾向とこれから

これらの活動に加え、超高齢社会や新しいライフスタイルの台頭などを背景に、個々の生活者に向けた細やかでスピーディーな広報の重要性も増しています。
 最近の事例では、部屋干しの増加とともにニーズが高まってきた香り付き柔軟仕上げ剤に関する啓発記事があります。香りの好みや強さの感じ方は人それぞれに異なるため、周囲に配慮し適正に使用することをお願いしています。ほかにも、高齢者の誤飲・誤食を防ぐために、洗剤や漂白剤の保管方法などに注意を喚起する記事を広報紙に掲載しました。
 今後とも、生活者の視点から広報の施策を検討し、積極的かつタイムリーな情報発信を心がけていきます。また、工業会全体の広報を担う立場から、他の委員会とも密に連携し、活動を発展させていきたいと考えています。

 


▲上へ

HOMEJSDAの活動安全と環境誤飲誤用石けん洗剤知識役立つ情報クリーンキャンペーンCLEAN AGEこどものページJSDA概要沿革組織 会員統計資料 刊行物リンク総目次English

日本石鹸洗剤工業会 (JSDA)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-13-11 TEL 03-3271-4301 FAX 03-3281-1870
Copyright(c) Japan Soap and Detergent Association 2000-2015 All Rights Reserved.